問98-193 解説



問193

必要治療数(NNT)に関する記述のうち、正しいのはどれか。
1つ選べ。

1 統計的有意差を検出するために必要な症例数のことである。
2 相対危険度減少率の逆数で示される。
3 絶対危険度減少率が大きくなるほど大きい値となる。
4 必要治療数が大きいほど有効な治療法であると考えられる。
5 プラセボ群での有効率が25%、実薬群での有効率が50%の場合、必要治療数は4である。






NNT (number needed to treat)とは、治療効果を得るのに必要な、治療必要数です。
絶対リスク減少率の逆数で定義されます。

例として、プラセボで60%有効、実薬で80%有効な薬があるとします。
すると20%有効率が改善しています。(20%、絶対リスクが減少)

これは、1人の患者に、プラセボよりも有効になるまで、治療必要数が5人必要ということです。
つまり、NNT は5となります。
(5人にプラセボ→3人に有効、5人に実薬→4人に有効 ということです)


以上より、選択肢 1~4は誤りです。



正解は 5 です。