問98-288 解説



問288

68歳女性。体重51kg。副腎皮質ステロイド薬の吸入エアゾール剤で気管支ぜん息の治療を受けていた。
しかし、噴霧と吸気のタイミングを合わせることができず、以下の処方に変更された。

(処方)
パルミコート200μgタービュヘイラー56吸入(注) 1回1吸入
1日2回 朝夕食後 吸入 全1本
(注:ブデソニド1回吸入量200μgのドライパウダー吸入式ステロイド薬)

この薬剤とピークフローメーターに関する指導内容として、適切なのはどれか。
2つ選べ。

1 まず息を吐いてから、薬物を深く吸い上げるように指導した。
2 この薬剤のマウスピースが汚れた場合には、水洗いするように指導した。
3 この薬剤の有効成分は、肺内に到達後、活性体になることを説明した。
4 ピークフローメーターは、最大吸気流量を簡便に測定するものであることを説明した。
5 ピークフロー値は、気道閉塞の状態の客観的な指標なので、毎日測定するように指導した。



パルミコートタービュヘイラーの患者さん用説明書(アストラゼネカ HPより、引用)によれば
薬の吸入時は
右へ「クルッ」、左へ「カチッ」、息を吐き、「スー」っと力強く吸い込みます。
よって、選択肢 1 はその通りの記述です。


又、保管・手入れ・廃棄については、マウスピースが汚れた場合は、乾燥した布などで拭き
水洗いはしないことになっています。
マウスピースの部分が濡れていると、吸入によって粉を吸いづらくなるからであると考えられます。
よって、選択肢 2 は誤りです。


有効成分は、肺に到達後、直接作用します。
よって、特に代謝活性を受けて作用するわけではないので
選択肢 3 は誤りです。


ピークフローメーターとは、ピークフロー値を測定する用具でづ。
ピークフロー値とは、最大呼気流量を、1分当りのL数で表した数値です。
喘息などにより気道が狭くなっていると、値が小さくなります。
この装置で、最大呼気流量を直接測定することはできません。
よって、選択肢 4 は誤りです。


選択肢 5 はその通りの記述です。


以上より、正解は 1,5 です。