問98-294 解説



問294

35歳男性。体重60kg。庭で作業中、スズメバチに刺された。局所が腫れ上がるとともに、呼吸困難を感じ、さらに全身にじんま疹が出現した。そこで救急外来を受診した。

この患者の病態に関する記述のうち、正しいのはどれか。
2つ選べ。

1 マスト(肥満)細胞の脱顆粒が起こる。
2 症状のピークは数時間後である。
3 循環血液量が増加し、血圧が上昇する。
4 咽頭や気管の浮腫を伴う。
5 徐脈の合併が多い。




アナフィラキシーショックは、1型アレルギーの一種です。
花粉症などと同じ分類です。
メカニズムは、過剰な免疫応答であり、IgEを介しての肥満細胞の脱顆粒などが引き起こされます。
ハチに刺されて0~30分以内という、即時に、症状が表れます。

症状としては、大雑把に言えば、色んな液や物がどばっと色んな所から出ます。
具体的には、多尿、呼吸困難、流涙、嘔吐、下痢、不安などです。

ミクロなレベルでは、血管拡張と、血流から組織への体液流出、それに伴う浮腫、血流量の低下に伴う低血圧
代償としての頻脈が引き起こされます。



以上より、正解は 1,4 です。