問98-302 解説



問302

68歳男性。身長160cm、体重50kg。
2年前に大腸がんの手術を受けたが、再発を認めたため、以下の処方
(FOLFOLI)にて治療を受けることになった。

(処方1)
点滴静注
グラニセトロン塩酸塩注射液 (3mg/バイアル 1本) 3mg
デキサメタゾンリン酸エステルナトリウム注射液 (6.6mg/アンプル 1本) 6.6mg
生理食塩水 100mL
主管より約15分で注入

(処方2)
点滴静注 
レボホリナートカルシウム注射用 (100mg/バイアル 3本) 300mg
5%ブドウ糖注射液 250mL
主管より約120分間で注入

(処方3)
点滴静注
イリノテカン塩酸塩水和物注射液 (100mg/バイアル 2本、40mg/バイアル 1本) 225mg
5%ブドウ糖注射液 250mL
側管より約90分間で注入

(処方4)
点滴静注
フルオロウラシル注射液 (250mg/アンプル 3本) 600mg
生理食塩水 50mL
主管より約5分以内で注入

(処方5)
点滴静注
フルオロウラシル注射液 (1000mg/バイアル 3本、250mg/アンプル 3本) 3,600mg
生理食塩水 158mL
約46時間で注入


この処方に関する記述のうち、適切なのはどれか。
1つ選べ。

1 処方1は、インフュージョンリアクション(infusion reaction)の予防のために使用する。
2 処方2は、処方3の薬剤の効果を高めるために使用する。
3 処方3は、アルコールを含有しているため、アルコールに過敏な患者には使用しない。
4 処方4は、ルアーチップタイプの注射器を用いて混合・調製することが適切である。
5 処方5は、携帯型ディスポーザブル注入ポンプを用いることにより、入院しなくても
実施ができる。




インフュージョンリアクションとは、薬剤投与中~投与開始後 24 時間以内に
現れる症状の総称です。
予防としては、抗ヒスタミン薬や、解熱鎮痛薬を投与します。
よって、処方 1 は、インフュージョンリアクションの予防ではありません。
吐き気止めの予防であると考えられます。
選択肢 1 は誤りです。


レボホリナートカルシウムは、 フルオロウラシル(5 - FU) の効果を高めるために使用します。
よって、イリノテカンの効果を高めるために使用するわけではありません。
選択肢 2 は誤りです。


イリノテカンは、アルコール含有ではありません。
アルコール含有で注意しなければならないのは、ドセタキセルやパクリタキセルです。
無水アルコールを含有するため、アルコールが過敏な患者には使用しません。
よって、選択肢 3 は誤りです。


抗がん剤の調製においては、注射針の脱落を防止するために
ルアーロックタイプの注射器を用いることが適切です。
よって、選択肢 4 は誤りです。


選択肢 5 はその通りの記述です。



以上より、正解は 5 です。