問98-303 解説



問303

68歳男性。身長160cm、体重50kg。
2年前に大腸がんの手術を受けたが、再発を認めたため、以下の処方
(FOLFOLI)にて治療を受けることになった。

(処方1)
点滴静注
グラニセトロン塩酸塩注射液 (3mg/バイアル 1本) 3mg
デキサメタゾンリン酸エステルナトリウム注射液 (6.6mg/アンプル 1本) 6.6mg
生理食塩水 100mL
主管より約15分で注入

(処方2)
点滴静注 
レボホリナートカルシウム注射用 (100mg/バイアル 3本) 300mg
5%ブドウ糖注射液 250mL
主管より約120分間で注入

(処方3)
点滴静注
イリノテカン塩酸塩水和物注射液 (100mg/バイアル 2本、40mg/バイアル 1本) 225mg
5%ブドウ糖注射液 250mL
側管より約90分間で注入

(処方4)
点滴静注
フルオロウラシル注射液 (250mg/アンプル 3本) 600mg
生理食塩水 50mL
主管より約5分以内で注入

(処方5)
点滴静注
フルオロウラシル注射液 (1000mg/バイアル 3本、250mg/アンプル 3本) 3,600mg
生理食塩水 158mL
約46時間で注入


この患者において、UDP-グルクロン酸転移酵素(UGT)の遺伝子多型検査をした結果
UGT1A1*6 のホモ接合体であったため、FOLFOX6 に処方を変更することにした。
正しいのはどれか。
1つ選べ。

1 グラニセトロン塩酸塩注射液をパロノセトロン塩酸塩注射液に変更
 グラニセトロン塩酸塩注射液をアプレピタントカプセルに変更
3 イリノテカン注射液をオキサリプラチン注射液に変更
4 イリノテカン注射液をエピルビシン塩酸塩注射液に変更
5 フルオロウラシル注射液をシタラビン注射液に変更
6 フルオロウラシル注射液をメトトレキサート注射液に変更





イリノテカンの活性体謝剤であるSN-38を、抱合し解毒する能力が低いとかんがえられるため
イリノテカンをオキサリプラチンに変更することが適切であると考えられます。
ちなみに、エピルビシンは、大腸がんには用いられません。


以上より、正解は 3 です。