問98-304 解説



問304

1歳6ヶ月男児。身長80cm、体重10kg。
てんかんの治療のためにバルプロ酸ナトリウムを投与することになった。

この患児において、定常状態におけるバルプロ酸の平均血清中濃度が60μg/mL
となるように初期投与量を設定したい。バルプロ酸ナトリウムの1日経口投与量(mg)
として、最も適切な値を1つ選べ。ただし、バルプロ酸ナトリウム投与により求めた
小児における経口クリアランスの代表値は、男児で12.5mL/h/kgとする。

1 18  2 30  3 180  4 300 5 1,800




※Css・・・定常状態の平均血中濃度
※D・・・投与量
※CL・・・全身クリアランス
に代入します。

この子のクリアランスは、体重が 10kg なので
12.5 × 10 = 125 (mL/h)
なので、1日当りでは
125 × 24 = 3000 mL/day です。

又、血中濃度の単位を mg にあわせると
60 μg/mL = 0.06 mg/mL
となります。

投与量を x mg/day とおいて、式に代入すれば


です。左辺も分数に直せば
 

なので、 x = 180 です。


よって、正解は 3 です。