問98-143 解説












問143

毒薬又は劇薬に関する記述のうち、正しいのはどれか。
2つ選べ。

1 経口投与での急性毒性(LD50)は、毒薬又は劇薬を指定するときの基準として用いられる。
2 毒薬には、その直接の容器又は直接の被包に、白地に黒枠、黒字をもって
の品名及び「毒」の文字を記載する。
3 毒薬又は劇薬を譲渡する際に譲受人から交付される文書には、品名、数量、使用目的等の記載が必要である。
4 劇薬を貯蔵又は陳列する場所には、施錠が必要である。




選択肢 1 はその通りの記述です。
毒薬は、経口で LD50 が 30mg/kg 以下
劇薬は、経口で LD50が 30 ~300mg/kg 以下
であるような薬物という基準があります。


毒薬には、黒地に白枠、白地の、以下のような表示が必要です。
参考に、劇薬の表示も併記しています。
選択肢 3 はその通りの記述です。


劇薬の貯蔵、陳列には、施錠は必要ありません。
よって、選択肢 4 は誤りです。


以上より、正解は 1,3 です。