問98-145 解説


問145

医療提供体制の確保に関する医療法の規定について、正しいのはどれか。
2つ選べ。

1 基本方針は、良質かつ適切な医療を効率的に提供するために定める。
2 基本方針は、都道府県知事が定める。
3 医療計画は、市町村(特別区を含む)ごとに作成される。
4 都道府県は、医療従事者の確保のための事項を定める。



選択肢 1 はその通りの記述です。


医療法 第三十条の三によれば、厚生労働大臣は、、、基本的な方針を定めることとするとあります。
よって、基本方針を定めるのは、厚生労働大臣であり、都道府県知事ではありません。
選択肢 2 は誤りです。


医療法 第三十条の四によれば、都道府県は、、、医療計画を定めるものとするとあります。
よって、医療計画を定めるのは、都道府県であり、市町村(特別区を含む)ごとではありません。
選択肢 3 は誤りです。


選択肢 4 はその通りの記述です。


以上より、正解は 1,4 です。