問98-147 解説


問147

以下の医薬品によって健康被害が生じた場合、医薬品副作用被害救済制度の
済対象となり得るのはどれか。
2つ選べ。

1 家族の他の者に処方された抗生物質
2 薬局製造販売医薬品
3 在宅医療のために処方された麻薬
4 国内では開発中のため海外から個人輸入した降圧薬





医薬品副作用被害救済制度とは、使用に当たって万全の注意を払ってもなお
副作用の発生を防止しえない場合があり、その場合の健康被害に対する被害者の
救済を図る制度です。
従って、医薬品を適性に使用した場合にのみ、この制度は適用されます。

他の者に処方された薬を使用した場合は、医薬品を適性に使用した場合とはいえず
医薬品副作用被害救済制度の対象とはなりません。
選択肢 1 は誤りです。


選択肢 2 は対象となりえます。


選択肢 3 は対象となりえます。


国内で開発中であり、個人輸入した薬を使用した場合は
医薬品を適性に使用した場合とはいえず
医薬品副作用被害救済制度の対象とはなりません。
選択肢 4 は誤りです。


以上より、正解は 2,3 です。