問98-148 解説


問148

健康保険法に関する記述のうち、正しいのはどれか。
2つ選べ。

1 保険薬局でなければ、保険調剤を行うことはできない。
2 保険薬剤師の登録の有効期間は、6年である。
3 保険薬局で保険調剤を行う薬剤師は、全員が保険薬剤師の登録を受けなければならない。
4 保険医療機関の指定を受けた病院で調剤を行う薬剤師は、保険薬剤師の登録を受けなければならない。
5 保険薬局が、調剤報酬を不正に請求した場合には
地方社会保険医療協議会に諮問することなく、保険薬局の指定が取り消される。





選択肢 1 はその通りの記述です。


保険薬剤師登録は、いったん登録すれば、引越しや結婚等による氏名の変更などが
なければ、特に有効期間などはなく、手続きの必要はありません。
6年ごとに更新が必要なのは、保険薬局登録です。
選択肢 2 は誤りです。


選択肢 3 はその通りの記述です。


病院で調剤を行う薬剤師は、保険薬剤師の登録の必要はありません。
よって、選択肢 4 は誤りです。


保険薬局が、調剤報酬を不正に請求した場合には、地方社会保険医療協議会に諮問した上で
答申を受け、保険薬局の指定取り消しなどの処分が行われます。
よって、諮問することなくではありません。
選択肢 5 は誤りです。


以上より、正解は 1,3 です。