問98-15 解説


問15

マイコプラズマに関する記述のうち、正しいのはどれか。
1つ選べ。

1 一般細菌より大型である。
2 真核生物である。
3 増殖には生細胞への寄生が必要である。
4 細胞壁をもたない。
5 病原性は知られていない。



マイコプラズマは、細菌の一種です。
主に肺炎を引き起こします。
かなり小さな細菌です。
原核生物で、真核生物の細胞内に寄生します。
細胞外で、自己増殖可能です。増殖にはコレステロールなどが必要です。

特徴としては、細胞壁を持たないという特徴があります。
細胞壁を持たないため、細胞の形状が柔らかく変形します。
そのため、細胞壁を作用点とする抗菌薬、すなわちβ-ラクタム系の薬剤は意味がありません。


よって、正解は 4 です。