問98-111 解説


問111

皮膚に関する記述のうち、誤っているのはどれか。
2つ選べ。

1 表皮の細胞は、ケラチンを合成している。
2 マイスネル( Meissner )小体は、温覚の受容器である。
3 体性感覚の刺激は、視床下部で中継され、大脳皮質に投射される。
4 交感神経刺激により立毛筋が収縮すると、鳥肌が立つ。
5 皮膚ではビタミン D が合成される。




選択肢 1 は、正しい記述です。


マイスネル小体とは、表皮と真皮の境界部付近にある知覚神経の終末部分です。
触覚を感知します。
よって、温覚の受容器ではないので、選択肢 2 は誤りです。


体性感覚の刺激は、視床で中継され、大脳皮質に投射されます。
視床下部ではないので、選択肢 3 は誤りです。


選択肢 4,5 はその通りの記述です。



以上より、正解は 2,3 です。