問98-112 解説


問112

図は、ある内分泌器官の顕微鏡像をスケッチしたものである。この器官に関する記述のうち、正しいのはどれか。
2つ選べ。

1 A層から分泌されるホルモンは、腎臓に作用してNa+や水の再吸収を促進し、体液を保持する。
2 B層から分泌されるホルモンには、抗炎症作用、免疫抑制作用がある。
3 C層から分泌される主要なホルモンは、ペプチドホルモンである。
4 皮膚の機能が亢進するとアジソン病になる。
5 髄質を支配する交感神経終末からは、ノルアドレナリンが放出される。





スケッチには、髄質、皮質とある事から、組織は副腎であると考えられます。
副腎皮質から分泌されるホルモンは、多数のステロイドホルモンです。
副腎髄質から分泌されるホルモンは、カテコラミンです。

A層は、球状帯
B層は、束状帯
C層は、網状帯
と呼ばれます。

球状帯から分泌されるのは、主に鉱質コルチコイドです。
腎臓に作用して、Na+や水の再吸収を促進し、体液を保持します。

束状帯から分泌されるのは、主に糖質コルチコイドです。
抗炎症作用や、免疫抑制作用があります。

網状帯から分泌されるのは、主にアンドロゲンです。
よって、ステロイドホルモンであり、ペプチドホルモンではありません。
選択肢 3 は誤りです。


アジソン病とは、副腎皮質ホルモンが何らかの原因で、必要な量を分泌できなくなった状態のことです。
副腎皮質機能低下症とも呼ばれます。
よって、選択肢 4 は誤りです。


ふつう、交感神経終末からは、ノルアドレナリンなどにより神経伝達が行われますが
副腎髄質を支配する交感神経は、少し特殊です。
すなわち、副腎髄質を支配する交感神経は
中枢神経から出たのち、神経節でニューロンを乗り換えることなく
直接副腎髄質へと到達しています。
神経終末では、アセチルコリンを放出します。
(つまり、副腎髄質と、神経細胞は
同じようなこと(アセチルコリンを受け取り、アドレナリンやノルアドレナリンを放出)
をやっているということです。)
よって、選択肢 5 は誤りです。



以上より、正解は 1,2 です。