問98-113 解説


問113

コレステロールに関する記述のうち、正しいのはどれか。
2つ選べ。

1 コレステロール生合成に関与する肝臓の3-ヒドロキシ-3-メチルグルタリルCoA(HMG-CoA)還元酵素遺伝子はコレステロールによって発現が抑制される。
2 細胞内のコレステロールの量が増加すると、細胞表面にある低密度リポタンパク質(LDL)受容体の数が増加する。
3 肝臓でコレステロールから生成した胆汁酸は、その大部分が糞便中へ排泄される。
4 細胞膜のコレステロールは、その大部分が脂肪酸とのエステル型として存在する。
5 精巣では、コレステロールからアンドロゲンが生合成される。




選択肢 1 はその通りの記述です。
いわゆる負のフィードバックにより、生合成が制御されています。


細胞内のコレステロール量が増加すると、コレステロールの取り込みを減らすために
細胞表面の LDL 受容体は、減少します。
よって、増加はしないので、選択肢 2 は誤りです。


腸肝循環により、肝臓でコレステロールから生成した胆汁酸は、大部分が
腸肝循環により、肝臓に輸送されます。
腸肝循環を免れた胆汁酸のみ、糞便中に排出されます。
よって、大部分が糞便中へ排出されるわけではありません。
選択肢 3 は誤りです。


細胞膜のコレステロールは、大部分は遊離型として存在しています。
すなわち、エステル型ではありません。
選択肢 4 は誤りです。


選択肢 5 はその通りの記述です。



正解は 1,5 です。