問98-114 解説


問114

図は、アロステリック酵素として知られるある酵素について、基質Aの濃度と反応初速度の関係を示したものである。
曲線1及び3は、酵素反応系に、それぞれ酵素に結合する物質X及びYを加え、また曲線2は何も加えずに測定した結果である。なお、X及びYは基質Aと構造上の類似性が低い。
この結果に関する考察のうち、誤っているのはどれか。
1つ選べ。



1 X及びYのいずれも存在しないとき、基質Aの濃度を高めていくと、ある濃度以上になると
反応初速度が急に増加する。
2 基質Aの濃度が十分に高いときには、X、Yの存在あるいは非存在にかかわらず、反応初速度はほぼ等しい。
3 Xの存在下では、酵素の基質Aに対する見かけの親和性が低下する。
4 基質Aの濃度が低いときには、Yによって酵素活性が阻害される。
5 X及びYが結合する酵素の部位は、基質Aが結合する部位とは異なると考えられる。





曲線 2 に着目すると、確かに、基質Aの濃度を上げていった時、反応速度が急に増加しています。
(左から3つめの◯から4つめの◯の間)
選択肢 1 はその通りの記述です。


右端において、曲線1~3はどれも同じ程度の反応速度となっています。
よって、選択肢 2 はその通りの記述です。


曲線 1 に着目すると、Xの存在下においては、基質濃度が小さくても、速度がどんどん増加しています。
これは、酵素の基質Aに対する見かけの親和性が増加していると考えられます。
よって、見かけの親和性が低下しているわけではないので、選択肢 3 は誤りです。


曲線 3 に着目すると、Yによって反応速度が下がっており、酵素活性が阻害されていると考えられます。
又、選択肢 2 の記述のように、基質Aの濃度が十分に高い時は、反応速度はほぼ等しくなっています。
よって、選択肢 4 はその通りの記述です。


酵素がアロステリックであるという記述に加え、X及びYは、構造上の類似性が低いとあることから
選択肢 5 はその通りの記述であると考えられます。



以上より、正解は 3 です。