問98-116 解説


問116

核酸及び遺伝情報に関する記述のうち、正しいのはどれか。
2つ選べ。

1 DNAの塩基の構成比率を調べたところ、グアニンとシトシンの和が40%であった。
このDNAはアデニンとチミンをそれぞれ30%含むと推定される。
2 核酸の構成単位であるヌクレオチドは、塩基、ヘキソース及びリン酸から成る。
3 DNAの熱変性は、分子内ホスホジエステル結合の加水分解による。
4 遺伝情報は、DNAからmRNAに転写され、その情報をもとにタンパク質が合成される。
5 64種類のコドンのうち、対応するアミノ酸のないコドンは1つである。





選択肢 1 はその通りの記述です。
GとCは、塩基対をなすので、残りの60%が、それぞれAとTであり
それぞれ30%を含むと考えられます。


ヌクレオチドとは、糖(5炭糖=ペントース)+リン酸+塩基からなります。
よって、ヘキソースではありません。
選択肢 2 は誤りです。


DNAの熱変性は、塩基対を形成する水素結合の切断によるものです。
分子内ホスホジエステル結合の加水分解によるものではありません。
よって、選択肢 3 は誤りです。


選択肢 4 はその通りの記述です。


対応するアミノ酸がないコドンとは、終止コドンのことです。
終止コドンは、UAA、UAG、UGAの3つです。
よって、選択肢 5 は誤りです。


以上より、正解は 1,4 です。