問98-17 解説



問17

毒素型食中毒を引き起こす菌はどれか。
1 つ選べ。

1 Clostridium perfringens
2 Salmonella enterica serovar Enteritidis
3 Staphylococcus aureus
4 Vibrio parahaemolyticus
5 Campylobacter jejuni




毒素型食中毒とは、食品内で細菌が産生した毒素を摂取して起こる食中毒です。
代表的な原因菌は、黄色ブドウ球菌、ボツリヌス菌などです。

Clostridium perfringens とは、ウェルシュ菌です。
嫌気性桿菌で、腸内細菌叢の主要な構成菌であることが多いです。
ウェルシュ菌による食中毒は、毒素型ではありません。
選択肢 1 は誤りです。


Salmonella enterica serover Enteritidis とは、サルモネラ菌の一種である腸内菌です。
試験としては、サルモネラとだけわかれば十分です。
サルモネラ菌による食中毒は、代表的な感染型の食中毒です。
選択肢 2 は誤りです。


Staphylococcus aureus とは、黄色ブドウ球菌です。
代表的な毒素型食中毒の原因菌です。


Vibrio parahaemolyticus とは、腸炎ビブリオです。
主に海水中に生息し、魚介類などを食べることにより感染します。
感染型の食中毒の原因菌です。
選択肢 4 は誤りです。


Campylobacter jejuni とは、カンピロバクターの一種です。
肉などの摂取に伴い感染します。
感染型の食中毒の原因菌です。
選択肢 5 は誤りです。


正解は 3 です。