問98-21 解説


問21

感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(感染症法)に定められ
た感染症のうち、平成23 年以前に国内においてヒトでの報告例がないのはどれか。
1 つ選べ。

1 コレラ
2 レジオネラ症
3 細菌性赤痢
4 つつが虫病
5 鳥インフルエンザ( H5Nl )



鳥インフルエンザ(H5N1)は、日本では、ヒトへの感染報告例はH23年以前においては
ありません。

よって、正解は 5 です。


ちなみに、コレラは、年間30人以下程度で、日本で今も発生しています。
レジオネラ症は、年間数百人程度で、日本で今も発生しています。
細菌性赤痢は、年間100例前後で、日本で今も発生しています。
国外感染例が過半数を占めているという特徴が挙げられます。
つつが虫病は、年間数百人程度で、日本で今も発生しています。

感染症に関する統計などに関しては