問98-24 解説


問24

水道法施行規則に基づいてその含有量の下限値が定められている水道水成分はどれか。
1 つ選べ。

1 ナトリウム及びその化合物
2 残留塩素
3 カルシウム、マグネシウム等(硬度)
4 亜鉛及びその化合物
5 塩化物イオン



水道法施行規則によれば(第十七条)
残留塩素に関しての下限が定められています。
すなわち、給水栓における水が、遊離残留塩素を0.1mg/L(結合残留塩素の場合は、、、)
以上保持するように、、、場合の、、、残留塩素は0.2mg/L(結合残留塩素の場合は、、、
と定められています。



以上より、正解は 2 です。