問98-100 解説


問100

タンパク質の構造に関する記述のうち、正しいのはどれか。
2つ選べ。

1 αヘリックスやβシートの形成には、ペプチド結合のC=OとN-H間の水素結合が大きく寄与する。
2 タンパク質中の側鎖間には、共有結合が存在しない。
3 金属タンパク質中の金属イオンは、金属結合によりタンパク質と結合している。
4 膜タンパク質の膜貫通領域には、親水性のアミノ酸残基が多い。
5 通常、タンパク質は、高濃度の尿素溶液により変性する。






タンパク質のα-ヘリックスや、βシートの形成に大きく関与するのは
ペプチド結合間における、水素結合です。
よって、選択肢 1 はその通りの記述です。


システイン側鎖間のS-S結合がありえるので、選択肢 2 は誤りです。


金属イオンは、共有結合や、配位結合などでタンパク質と結合しています。
金属結合ではありません。
よって、選択肢 3 は誤りです。


膜貫通領域は、主に疎水性のアミノ酸残基からなります。
よって、選択肢 4 は誤りです。


選択肢 5 はその通りの記述です。



以上より、正解は 1,5 です。