問98-98 解説


問98

日本薬局方イソソルビドの定量法に関する記述1~3のうち、正しいのはどれか。
また( a )に入る係数として4~6のうち、正しいのはどれか。
それぞれ1つずつ選べ。
ただし、イソソルビドの[α]20D=+45.5とする。

「本品約10gを精密に量り、水に溶かし、正確に100mLとし
層長100mmで20±1℃における旋光度αDを測定する。
イソソルビド(C6H10O4)の量(g)=αD × ( a )

1 旋光度の測定には、通例、光線としてナトリウムスペクトルのD線が用いられる。
2 物質が旋光性を持つためには、分子の中に少なくとも1個の不斉炭素がなければならない。
3 イソソルビドの溶液は、偏光の進行方向に向き合って見るとき、偏光面を左に回転させる。
4 4.55
5 2.20
6 0.455



選択肢 1 はその通りの記述です。

不斉炭素がなくても、旋光性をもつことはあります。
また、旋光度が+であるということは、右旋性ということです。
よって、選択肢 2,3 は誤りです。


比旋光度は、下の式により定義されます。


[α]20D:比旋光度
α:旋光度(実測)[°]
l:試料セルの長さ[mm]
c:溶液の濃度[g/mL]

本品 10g の中にイソソルビドが a (g)入っているとすると
水に溶かし 100mL としていることから、上式の c は 0.01a です。

また、l=100、[α]20D=45.5 なので、上式に代入すると、


となります。


以上より、正解は 1,5 です。