問98-45 解説


問45

ある薬物が併用薬物の体内動態を変動させる要因のうち
併用薬物の血中濃度を低下させるのはどれか。
1つ選べ。

1 消化管吸収の促進  2 肝代謝酵素の阻害  3 胆汁排泄の阻害
4 腎尿細管再吸収の阻害  5 腎尿細管分泌の阻害



消化管吸収の促進は、一般的に、血中への薬物移行が促進されるということなので
血中濃度は増加します。
よって、選択肢 1 は誤りです。


肝代謝酵素が阻害されれば、併用薬物の代謝が阻害されるので、血中濃度は上昇します。
よって、選択肢 2 は誤りです。


胆汁排泄が阻害されれば、併用薬物が胆汁から排泄される場合、排泄されなくなるので
血中濃度は上昇します。
よって、選択肢 3 は誤りです。


腎尿細管再吸収が阻害されると、血中への再吸収が阻害されるため、より尿中に薬物が排泄されることになります。
よって、血中濃度は低下します。


腎尿細管分泌が阻害されると、尿中への排出は阻害されることになるため
血中濃度は上昇します。
よって、選択肢 5 は誤りです。


以上より、正解は 4 です。