問98-51 解説


問51

日本薬局方製剤総則で、口腔内に適用する製剤に分類されるのはどれか。
1つ選べ。

1 分散錠  2 チュアブル錠  3 口腔内崩壊錠
4 付着錠  5 発泡錠



分散錠は、水に入れて、分散させて飲む錠剤のことです。

チュアブル錠は、噛み砕いて飲む錠剤のことです。

口腔内崩壊錠は、口の中で速やかに溶ける錠剤のことです。

付着錠とは、口腔粘膜の患部に付着させて覆うように使う錠剤のことです。

発泡錠は、水中で急速に発泡する錠剤のことです。


口腔内に適用するのは、付着錠です。


正解は 4 です。







(問52は解なしのため、53の解説へ。)