問98-166~98-180 解説一覧



問166

薬物の消化管吸収に関する記述のうち、正しいのはどれか。
1つ選べ。

1 弱酸性薬物を経口投与した場合胃で溶解した後、小腸で析出し、吸収が不良となることがある。
2 弱塩基性薬物の単純拡散による吸収は一般に、溶液のpH が低い方が良好である。
3 多くの薬物は、胃で良好に吸収されるため胃内容排出速度の変化により吸収が影響を受けることはない。
4 リボフラビンは脂溶性が高く、小腸全体から良好に吸収される。
5 アンピシリンは、親水性が高く膜透過性が低いため吸収改善のための脂溶性プロドラッグが開発されている。





小腸内のpHはややアルカリ性です。
よって、弱酸性薬物は、イオン型の割合が増える、つまり、より溶解するはずです。
小腸で析出し、吸収が不良になるとは考えられず、選択肢 1 は誤りです。


単純拡散による吸収は、分子型の薬物分子においてのみおきます。
弱塩基性薬物は、 pH が低いと、よりイオン型になると考えられるため
一般に、吸収が不良になると考えられます。
よって、選択肢 2 は誤りです。


多くの薬物は、小腸で吸収されます。
よって、一般に、胃内容排出速度が速ければ、より速く吸収されます。
選択肢 3 は誤りです。


リボフラビンは、十二指腸で吸収されます。
小腸全体から吸収されるわけではないので、選択肢 4 は誤りです。


選択肢 5 はその通りの記述です。
アンピシリンのプロドラッグとして、バカンピシリンなどがあります。


以上より、正解は 5 です。






問167

薬物の経皮吸収に関する記述のうち、正しいのはどれか。
2つ選べ。

1 表皮の最も外側は角質層と呼ばれ、薬物の皮膚透過のバリアーとなる。
2 汗腺や毛穴などの付属器官は有効面積が小さいので、薬物吸収への寄与は少ない。
3 経皮投与では薬物の肝初回通過効果を回避できない。
4 皮膚組織には代謝酵素が存在しないため、経皮吸収改善を目的としたプロドラッグ化は有効ではない。
5 皮膚をフィルムで密封すると角質層が水和し、薬物の皮膚透過性は低くなる。





選択肢 1,2 はその通りの記述です。


経皮投与では、薬物の肝初回通過効果を避けることができます。
すなわち、吸収後、すぐに循環血へと薬物が移行します。
よって、選択肢 3 は誤りです。


皮膚組織にも代謝酵素は存在します。
よって、選択肢 4 は誤りです。


皮膚をフィルムで密封すると、薬物の皮膚透過性は高くなります。
よって、選択肢 5 は誤りです。


以上より、正解は 1,2 です。






問168

血液脳関門に関する記述のうち、正しいのはどれか。
2つ選べ。

1 血液脳関門の実体は、脈絡叢上皮細胞である。
2 分子量の大きな薬物は、血液脳関門を透過しやすい。
3 血液脳関門には種々の栄養物質の輸送系が存在し、一部の薬物はこの輸送系によって脳内へ分布する。
4 薬物の水溶性が高いほど、単純拡散による脳への移行性は大きい。
5 脳毛細血管内皮細胞に存在するP-糖タンパク質は、一部の薬物の脳内移行を妨げている。





血液脳関門の実体は、脳毛細血管内皮細胞です。
よって、脈絡叢上皮細胞ではないので、選択肢 1 は誤りです。


分子量 500 を超える分子は、ほぼ通過できません。
よって、分子量が大きな薬物が通過しやすいというわけではないので
選択肢 2 は誤りです。


選択肢 3 はその通りの記述です。


血液脳関門の通過のしやすさは、脂溶性とよく相関します。
つまり、脂溶性が高いほど、よく拡散します。
よって、選択肢 4 は誤りです。


選択肢 5 はその通りの記述です。



以上より、正解は 3,5 です。






問169

薬物の肝臓への分布及び胆汁中排泄に関する記述のうち、正しいのはどれか。
2つ選べ。

1 肝実質細胞の血管側膜には種々の輸送担体が発現し、多くのアニオン性薬物やカチオン性薬物の肝取り込みに関与している。
2 肝実質細胞から毛細胆管への薬物輸送機構は、多くの場合、薬物の濃度勾配を利用した単純拡散である。
3 分子量の小さい薬物ほど、胆汁中へ排泄されやすい。
4 血中においてアルブミンに結合している薬物もDisse腔に入り、肝実質細胞の近傍に到達することができる。
5 肝臓において抱合代謝を受け、胆汁中に排泄された薬物は、一般に分子量が大きく親水性が高いので、すべて糞便中へ排泄される。






選択肢 1 はその通りの記述です。


薬物の胆汁中への排泄は、主に能動輸送によるものです。
よって、選択肢 2 は誤りです。


胆汁中へ排泄されやすいのは、分子量が約 500 以上であり、脂溶性が高いものです。
よって、分子量の小さい薬物ほど胆汁中へ排泄されるわけではないです。
選択肢 3 は誤りです。


Disse (ディッセ)腔とは、肝臓における肝細胞と、類洞(毛細血管)の間の領域です。
血しょうが分布しており、記述の通り、血中においてアルブミンに結合している薬物も
Disse腔に入り、肝実質細胞の近傍に到達することができます。


胆汁中に排泄された薬物の一部は、腸管から再度吸収され
門脈を経て肝臓に戻る循環を経ます。
これを腸肝循環と呼びます。
よって、すべて糞便中に排泄されるわけではありません。
選択肢 5 は誤りです。



以上より、正解は 1,4 です。






問170

薬物相互作用に関する記述のうち、正しいのはどれか。
1つ選べ。

1 併用により薬物の血中濃度は変化せず、薬効が変化する相互作用を、薬物動態学的相互作用という。
2 併用により薬物の血中濃度が変化する相互作用を、薬力学的相互作用という。
3 薬物代謝酵素が、薬物の代謝物と共有結合することで阻害される場合、薬物が血中から消失しても、その酵素活性は直ちには回復しない。
4 併用薬剤数が多くなるほど、相互作用の発現を互いに打ち消しあうため、薬物相互作用が起こる可能性は小さくなる。
5 薬物代謝酵素の誘導は、その酵素で代謝される薬物によってのみ起こる。






併用により、薬物の血中濃度は変化せず、薬効が変化する相互作用は
薬力学的相互作用と呼ばれます。
よって、選択肢 1 は誤りです。


併用により、薬物の血中濃度が変化する相互作用は
薬物動態学的相互作用と呼ばれます。
よって、選択肢 2 は誤りです。


選択肢 3 はその通りの記述です。


併用薬剤数が多くなるほど、相互作用が起こる可能性は大きくなります。
よって、選択肢 4 は誤りです。


薬物代謝酵素の誘導は、その酵素とは代謝において無関係な薬物によっても
誘導されることがあります。
よって、選択肢 5 は誤りです。



以上より、正解は 3 です。






問171

体内動態が線形1-コンパートメントモデルに従う薬物1,000mg を
ヒトに急速静脈内投与したところ、投与直後と10時間後の血中濃度は
それぞれ100μg/mL及び10μg/mL であった。
この薬物の全身クリアランス(L/h)に最も近い値はどれか。
1つ選べ。
ただし、ln 10= 2.3とする。

1 0.92   2 1.4   3 2.3   4 9.2   5 46





CL =ke×Vd
なので、ke、Vdを求めることを考えます。
keは、半減期 T1/2 により


と近似して表すことができます。

10 時間で 10分の1 の濃度になっているから
大体 3 時間が半減期とみなして
ke は大体 0.7 ÷ 3 ≒ 0.23 (/h) です。

Vd は、1000 (mg) ÷ 100 (μg/mL) なので、単位を μg/mL → mg/L にして計算すれば
10 (L) です。

よって、CL = 10 × 0.23 = 2.3 (L/h)
となります。



以上より正解は 3 です。






問172

体内動態が線形性を示す薬物Aは、肝代謝と腎排泄によって体内から消失し
正常時における肝代謝クリアランスは全身クリアランスの20%である。
また、腎疾患時に薬物Aの肝代謝クリアランスは変化しないが
腎排泄クリアランスは糸球体ろ過速度(GFR)に比例して変化する。

薬物Aを投与中の患者において、GFR が正常時の25%に低下したとする。
薬物Aの血中濃度時間曲線下面積(AUC)を腎機能正常時と同じにするには
投与量を腎機能正常時の何%に変更すればよいか。
最も近い値を1つ選べ。

1 20%   2 40%   3 80%   4 120%   5 250%







AUC = D/CL
です。

CL(全) = CL(肝)+CL(腎)です。
CL(全)を x とおくと
CL(肝)は 0.2 x 、CL(腎)は 0.8 x  とおくことができます。

今、GFR が正常時の 25% に低下したとすると
CL(腎)が GFR に比例するとのことなので
CL(腎)も 25% に減少します。
よって、CL(腎)= 0.8 x × 0.25 = 0.2 です。

すると、CL(全)=0.2 x + 0.2 x = 0.4 x となり
クリアランスが 40% に減少しています。
AUC を元と同じにするには、投与量 D も 40% にすればよいです。



よって正解は 2 です。






問173

固体薬物の溶解速度を回転円盤法で測定し、以下の結果を得た。シンク条件下
のみかけの溶解速度定数(min-1・cm-2)に最も近い値はどれか。
1つ選べ。

ただし、円盤の有効表面積は1cmとし、試験中は変化しないものとする。
た、溶液温度は一定であり、薬物の溶解度は0.5mg/mL とする。



1 0.010   2 0.014   3 0.016   4 0.018   5 0.020





固体薬物の溶解速度は、Noyes-Whitneyの式により





と表されます。

ここで、シンク条件とあることから
Cs >> C なので

表における、時間0~6分までに着目すると
(6分以降は、近似できない程度にCが大きくなっているため
比例関係が崩れているのだと考えられます。)
dC/dt は、1分あたりの溶液の濃度の上昇度合いであり
6分間で、溶液の濃度は 0 から 0.06 になっているので、0.06 ÷ 6 = 0.01 です。
又、S=1です。

よって、0.01 = k × 0.5
なので、k = 0.02 となります。


正解は 5 です。



問題へ戻る



問174

乳剤に関する記述のうち、正しいのはどれか。
2つ選べ。

1 o/w型の乳剤は、電気伝導性を示さない。
2 合一しても振とうすればもとの分散状態に戻る。
3 w/o/w型やo/w/o型などの多重乳剤がある。
4 分散媒と分散相の密度差を小さくすると、乳剤の分散状態は安定化する。
5 w/o型の乳剤は、メチレンブルーを加えると全体が着色される。





o/w 型の乳剤とは、oil in water なので、基本的には水です。
なので、油よりも電気伝導性が、一般に高いです。
よって、電気伝導性を示さないということはありません。
選択肢 1 は誤りです。


合一とは、液滴同士が付着し、さらに融合することです。
合一が進行すると、再振とうしても、一つ一つの液滴が大きくなっているので
再分散しません。
よって、選択肢 2 は誤りです。
振とうすれば再分散するのは、クリーミング(単に層状に分離した状態のこと)です。


選択肢 3,4 はその通りの記述です。


メチレンブルーにより全体が着色されるのは、o/w 型の乳剤です。
w/o 型の乳剤は、ズダン III によって赤色に染まります。



以上より、正解は 3,4 です。







問175

薬物の物性に関する記述のうち、正しいのはどれか。
1つ選べ。

1 非晶質は、熱力学的に平衡状態にある。
2 共融混合物では、異なる成分どうしが結晶格子を形成している。
3 水和物結晶は、その無水物結晶よりも水に対する溶解度が高い。
4 固溶体中において、薬物は結晶状態で分散している。
5 結晶多形において、準安定形に比べて安定形の方が融点が高い。






非晶質とは、非平衡な準安定状態のことです。
よって、平衡状態ではありません。
選択肢 1 は誤りです。


共融混合物とは、一定の組成である、均一な混合物のことです。
それぞれの要素が均一であれば、仮に異なる成分どうしが結晶格子を
形成しているとすれば、全体として不均一であり、不適切です。
よって、選択肢 2 は誤りであると考えられます。


無水物結晶の方が、水和物結晶よりも、水に対する溶解度は高いです。
よって、選択肢 3 は誤りです。


固溶体とは、2 種類以上の元素が互いに溶け合い、全体が均一の固相と
なっているもののことです。
よって、薬物分子は、その分子のみで結晶を構成しているとすれば
全体が不均一であり、不適切であると考えられます。
よって、選択肢 4 が誤りであると考えられます。


選択肢 5 はその通りの記述です。



以上より、正解は 5 です。






問176

日本薬局方製剤総則の目に投与する製剤に関する記述のうち、正しいのはどれか。
2つ選べ。

1 点眼剤の非水性溶剤として、植物油を用いることはできない。
2 点眼剤及び眼軟膏剤の容器として、通例、気密容器を用いる。
3 点眼剤は、発熱性物質試験法に適合しなければならない。
4 懸濁性点眼剤中の粒子は、通例、最大粒子径75μm 以下である。
5 眼軟膏剤には、保存剤を加えることができない。






点眼剤の非水性溶剤としては、植物油が用いられます。
よって、選択肢 1 は誤りです。


選択肢 2 はその通りの記述です。


発熱性物質試験は、注射剤に対して行われる試験です。
点眼剤は、発熱性物質試験に適合しなければならないわけではありません。
よって、選択肢 3 は誤りです。


選択肢 4 はその通りの記述です。
ちなみに、紛らわしいのが、懸濁性注射剤の粒子です。
こちらは、通例 150 μm 以下です。
又、乳濁性注射剤の粒子は、通例 7 μm 以下です。


眼軟膏に保存剤を加えてはいけないということはありません。
選択肢 5 は誤りです。
ちなみに、輸液など、多量に注射する注射剤には、保存剤を加えてはいけません。



以上より、正解は 2,4 です。






問177

造粒法に関する記述のうち、誤っているのはどれか。
1つ選べ。

1 破砕造粒法は、混合した粉末状の原料を圧縮成形した後、粉砕する方法なので、不定形の造粒物が得られる。
2 攪拌造粒法は、攪拌翼を高速回転させながら、結合剤溶液を噴霧して造粒する方法なので、重質で球形の造粒物が得られる。
3 噴霧乾燥造粒法は、熱風気流中に薬物と添加剤からなる溶液もしくは懸濁液を噴霧し、急速に乾燥する方法なので、球形の造粒物が得られる。
4 流動層造粒法は、熱風気流中に吹き上げた粉末に結合剤を噴霧して造粒する方法なので、流動層内で圧密化を受け、重質で球形の造粒物が得られる。
5 押し出し造粒法は、一定孔径のスクリーンから薬物と添加剤からなる混練物を押し出し、適当なサイズでカットして造粒する方法なので、円柱状の造粒物が得られる。






選択肢 1~3 はその通りの記述です。


流動層造粒法は、空気で吹き上げた原料粉体に結合剤溶液を噴霧して
造粒する方法です。

流動層とは、上向きに流体を噴出させることにより、固体粒子が浮遊している状態
の層のことです。
流動層では、粒子が積み重なることによる、自重による圧密化をうけず、球形の造粒物が
得られます。
よって、流動層内で圧密化を受けるわけではありません。
選択肢 4 は誤りです。


選択肢 5 はその通りの記述です。



以上より、正解は 4 です。






問178

医薬品を保存する容器・包装に関する記述のうち、正しいのはどれか。
1つ選べ。

1 セロファンのフィルムは、防湿効果に優れる。
2 静脈内投与する注射剤には、プラスチック製容器を用いることはできない。
3 吸入粉末剤に用いる容器は、通例、密閉容器とする。
4 ピロー包装は、ラミネートフィルムを用いて顆粒剤などを1回服用量ごとに充てんしたものである。
5 Press through package(PTP)包装は、帯状にシール包装された形態をいう。






セロファンのフィルムで包装しても、防温効果はほとんどありません。
選択肢 1 は誤りです。


注射剤にプラスチック製容器を用いることはあります。
プラスチック製医薬品容器試験法により、品質評価が行われます。
選択肢 2 は誤りです。


選択肢 3 はその通りの記述です。


ピロー包装とは、ピロー(枕)状に封印されたパッケージのことです。
医薬品の小包装単位(100錠単位など)を、二次包装したもののことです。
防湿性をより高めるといった目的があります。
よって、1 回服用量ごとに充てんしたものではありません。
選択肢 4 は誤りです。


PTP包装とは、表から強く押すと裏から飛び出る包装のことです。
帯状にシール包装された形態ではありません。
選択肢 5 は誤りです。



以上より、正解は 3 です。






問179

グラフは、ある放出制御型製剤についての溶出試験を下に示す条件で実施した結果である。
このグラフから推察される製剤的な特徴に関する記述のうち、適切なのはどれか。
1つ選べ。
ただし、薬物の溶解度はpH によって変化しないものとする。




溶出試験の条件
試験サンプル:放出制御型製剤1錠
試験装置:溶出試験法第2法(パドル法)
試験温度:37℃
試験液: 0分~ 120分- 溶出試験第1液(pH 1.2)
120分~ 180分- 溶出試験第2液(pH 6.8)


1 腸溶性製剤からの薬物溶出で、pH に依存して溶出量が変化している。
2 不溶性マトリックス型製剤からの薬物溶出で、マトリックス中の拡散が薬物溶出の律速となっている。
3 侵食(エロージョン)型製剤からの薬物溶出で、水溶性マトリックスの溶解もしくは浸潤に伴って薬物が溶出する。
4 リザーバー型製剤からの薬物溶出で、水溶性成分からなる錠剤を被覆している不溶性高分子膜を介して薬物が溶出する。
5 浸透圧ポンプ型製剤からの薬物溶出で、錠剤内への水の侵入に伴って薬物が溶出する。






時間の平方根に比例していることから、この製剤はマトリックス型であると
推測することができます。
よって、正解は 2 です。


ちなみに、マトリックス型製剤において、薬物の放出量と、時間の間に成り立つ関係式は
Higuchi の式です。以下の式になります。


※Q:単位面積当たりの累積薬物放出量
※D:拡散定数
※A:マトリックス中の薬物の全濃度、Cs:溶解度
※t:時間

一般に、「固体」の薬物がマトリックス全体に分散している時は
はるかに溶解度よりもAが大きい、すなわち

A>>Cs

なので、近似した、以下の式が用いられます。






問180

リポソームに関する記述のうち、正しいのはどれか。
2つ選べ。

1 大豆油とレシチンで調製される閉鎖小胞であり、静脈内投与後、炎症部位へ選択的に移行する薬物運搬体として利用される。
2 脂質二重膜からなる閉鎖小胞であり、水溶性及び脂溶性いずれの薬物も含有することができる。
3 通例、直径数μm ~ 数百μm の大きさで、薬物を芯物質としてこれを高分子物質で被覆したものであり、薬物の安定化や放出制御に利用される。
4 ポリエチレングリコールで表面を修飾することで、血中滞留性が向上する。






大豆油をレシチンで乳化させたものは、リピッドマイクロスフィア製剤です。
リポソーム製剤ではありません。
選択肢 1 は誤りです。


選択肢 2 はその通りの記述です。


リポソームとは、両親媒性分子(親水性部分と疎水性部分を両方持っている分子)から作られる
細胞膜の脂質二重膜を模した分子の複合体です。
よって、薬物を芯物質として、高分子で被覆したものではありません。
選択肢 3 は誤りです。


選択肢 4 はその通りの記述です。



以上より、正解は 2,4 です。