問98-166 解説



問166

薬物の消化管吸収に関する記述のうち、正しいのはどれか。
1つ選べ。

1 弱酸性薬物を経口投与した場合胃で溶解した後、小腸で析出し、吸収が不良となることがある。
2 弱塩基性薬物の単純拡散による吸収は一般に、溶液のpH が低い方が良好である。
3 多くの薬物は、胃で良好に吸収されるため胃内容排出速度の変化により吸収が影響を受けることはない。
4 リボフラビンは脂溶性が高く、小腸全体から良好に吸収される。
5 アンピシリンは、親水性が高く膜透過性が低いため吸収改善のための脂溶性プロドラッグが開発されている。





小腸内のpHはややアルカリ性です。
よって、弱酸性薬物は、イオン型の割合が増える、つまり、より溶解するはずです。
小腸で析出し、吸収が不良になるとは考えられず、選択肢 1 は誤りです。


単純拡散による吸収は、分子型の薬物分子においてのみおきます。
弱塩基性薬物は、 pH が低いと、よりイオン型になると考えられるため
一般に、吸収が不良になると考えられます。
よって、選択肢 2 は誤りです。


多くの薬物は、小腸で吸収されます。
よって、一般に、胃内容排出速度が速ければ、より速く吸収されます。
選択肢 3 は誤りです。


リボフラビンは、十二指腸で吸収されます。
小腸全体から吸収されるわけではないので、選択肢 4 は誤りです。


選択肢 5 はその通りの記述です。
アンピシリンのプロドラッグとして、バカンピシリンなどがあります。


以上より、正解は 5 です。