問98-173 解説



問173

固体薬物の溶解速度を回転円盤法で測定し、以下の結果を得た。シンク条件下
のみかけの溶解速度定数(min-1・cm-2)に最も近い値はどれか。
1つ選べ。

ただし、円盤の有効表面積は1cmとし、試験中は変化しないものとする。
た、溶液温度は一定であり、薬物の溶解度は0.5mg/mL とする。



1 0.010   2 0.014   3 0.016   4 0.018   5 0.020





固体薬物の溶解速度は、Noyes-Whitneyの式により





と表されます。

ここで、シンク条件とあることから
Cs >> C なので

表における、時間0~6分までに着目すると
(6分以降は、近似できない程度にCが大きくなっているため
比例関係が崩れているのだと考えられます。)
dC/dt は、1分あたりの溶液の濃度の上昇度合いであり
6分間で、溶液の濃度は 0 から 0.06 になっているので、0.06 ÷ 6 = 0.01 です。
又、S=1です。

よって、0.01 = k × 0.5
なので、k = 0.02 となります。


正解は 5
です。