問98-175 解説



問175

薬物の物性に関する記述のうち、正しいのはどれか。
1つ選べ。

1 非晶質は、熱力学的に平衡状態にある。
2 共融混合物では、異なる成分どうしが結晶格子を形成している。
3 水和物結晶は、その無水物結晶よりも水に対する溶解度が高い。
4 固溶体中において、薬物は結晶状態で分散している。
5 結晶多形において、準安定形に比べて安定形の方が融点が高い。






非晶質とは、非平衡な準安定状態のことです。
よって、平衡状態ではありません。
選択肢 1 は誤りです。


共融混合物とは、一定の組成である、均一な混合物のことです。
それぞれの要素が均一であれば、仮に異なる成分どうしが結晶格子を
形成しているとすれば、全体として不均一であり、不適切です。
よって、選択肢 2 は誤りであると考えられます。


無水物結晶の方が、水和物結晶よりも、水に対する溶解度は高いです。
よって、選択肢 3 は誤りです。


固溶体とは、2 種類以上の元素が互いに溶け合い、全体が均一の固相と
なっているもののことです。
よって、薬物分子は、その分子のみで結晶を構成しているとすれば
全体が不均一であり、不適切であると考えられます。
よって、選択肢 4 が誤りであると考えられます。


選択肢 5 はその通りの記述です。



以上より、正解は 5 です。