問98-176 解説



問176

日本薬局方製剤総則の目に投与する製剤に関する記述のうち、正しいのはどれか。
2つ選べ。

1 点眼剤の非水性溶剤として、植物油を用いることはできない。
2 点眼剤及び眼軟膏剤の容器として、通例、気密容器を用いる。
3 点眼剤は、発熱性物質試験法に適合しなければならない。
4 懸濁性点眼剤中の粒子は、通例、最大粒子径75μm 以下である。
5 眼軟膏剤には、保存剤を加えることができない。






点眼剤の非水性溶剤としては、植物油が用いられます。
よって、選択肢 1 は誤りです。


選択肢 2 はその通りの記述です。


発熱性物質試験は、注射剤に対して行われる試験です。
点眼剤は、発熱性物質試験に適合しなければならないわけではありません。
よって、選択肢 3 は誤りです。


選択肢 4 はその通りの記述です。
ちなみに、紛らわしいのが、懸濁性注射剤の粒子です。
こちらは、通例 150 μm 以下です。
又、乳濁性注射剤の粒子は、通例 7 μm 以下です。


眼軟膏に保存剤を加えてはいけないということはありません。
選択肢 5 は誤りです。
ちなみに、輸液など、多量に注射する注射剤には、保存剤を加えてはいけません。



以上より、正解は 2,4 です。