問98-180 解説



問180

リポソームに関する記述のうち、正しいのはどれか。
2つ選べ。

1 大豆油とレシチンで調製される閉鎖小胞であり、静脈内投与後、炎症部位へ選択的に移行する薬物運搬体として利用される。
2 脂質二重膜からなる閉鎖小胞であり、水溶性及び脂溶性いずれの薬物も含有することができる。
3 通例、直径数μm ~ 数百μm の大きさで、薬物を芯物質としてこれを高分子物質で被覆したものであり、薬物の安定化や放出制御に利用される。
4 ポリエチレングリコールで表面を修飾することで、血中滞留性が向上する。






大豆油をレシチンで乳化させたものは、リピッドマイクロスフィア製剤です。
リポソーム製剤ではありません。
選択肢 1 は誤りです。


選択肢 2 はその通りの記述です。


リポソームとは、両親媒性分子(親水性部分と疎水性部分を両方持っている分子)から作られる
細胞膜の脂質二重膜を模した分子の複合体です。
よって、薬物を芯物質として、高分子で被覆したものではありません。
選択肢 3 は誤りです。


選択肢 4 はその通りの記述です。



以上より、正解は 2,4 です。