問98-268 解説



問268

80歳女性。体重65kg。うっ血性心不全、高血圧症、慢性腎不全と診断され、以下の薬剤を服用していた。
アレルギー歴、肝機能障害、副作用歴なし。
機能、食欲低下と不整脈等の体調変化が認められ、救命救急センターに運ばれた。

ジゴキシン錠0.25mg
フロセミド錠40mg
スピロノラクトン錠25mg
デノパミン錠5mg
バルサルタン錠40mg


診察した医師はジギタリス中毒を疑い、薬剤師に情報提供を求めた。
ジギタリス中毒に関する内容として、誤っているのはどれか。
1つ選べ。

1 消化器症状として食欲不振、悪心がある。
2 視覚異常として横視・複視がある。
3 血清中ジゴキシン濃度(トラフ値)が2ng/mLを超えると、中毒症状の発現頻度が高くなる。
4 肝機能障害のある患者では中毒症状を起こしやすい。
5 一般に、ジゴキシン除去を目的とした血液透析は無効である。



ジギタリス中毒とは、消化器症状や、視覚異常、不整脈などが生じる
主にジギタリス製剤によって引き起こされる副作用です。

選択肢 1 ~ 3 はその通りの記述です。


ジゴキシンは主に腎臓により排泄されるため、選択肢 4 は誤りです。


ジゴキシンは、分布容積が大きい薬物であるため、血液中のジゴキシンは、体内の総ジゴキシンの
極めてわずかな量であることになります。
よって、透析によるジゴキシン除去は、一般に無効です。
選択肢 5 はその通りの記述です。