問98-271 解説



問271

10歳男児。体重30kg。てんかんのためフェノバルビタールを服用していた。
最近、傾眠傾向にあり、母親が心配になり、男児と医療機関を受診した。
薬剤師がフェノバルビタールの血清中濃度を測定したところ40μg/mLであり
治療有効濃度を超えていた。男児の肝機能及び腎機能は正常であった。

前問で選択した薬物がフェノバルビタールの体内動態に及ぼす影響として
正しいのはどれか。
1つ選べ。

1 消化管吸収の阻害
2 尿細管再吸収の抑制
3 尿細管分泌の促進
4 受容体での拮抗
5 胆汁中排泄の促進



炭酸水素ナトリウム静注により、尿の pH がアルカリ性に偏ることで
酸性薬物であるフェノバルビタールの尿中排泄が促進されます。
これは、再吸収の抑制という形で実現されます。
(再吸収される際には、薬物が分子形であることが求められますが
尿のpHがアルカリ性になることで、酸性薬物であるフェノバルビタールは
よりイオン形の割合が高くなると考えられます。
このため、再吸収が抑制され、結果として排泄が促進されます。)

以上より、正解は 2 です。