問98-273 解説



問273

65歳男性。保険薬局に異なる診療科の処方せん(処方1、処方2)を同時に持参した。

(呼吸器内科の処方内容)
イソニアジド錠 100mg 1回3錠(1日3錠)
1日1回 朝食後 14日分

シプロフロキサシン錠 200mg 1回1錠(1日2錠)
1日2回 朝夕食後 14日分

L-カルボシステイン錠 500mg 1回1錠(1日3錠)

レバミピド錠 100mg 1回1錠(1日3錠)
1日3回 朝昼夕食後 14日分

(整形外科の処方内容)
チザニジン塩酸塩錠 1mg 1回1錠(1日3錠)
1日3回 朝昼夕食後 14日分


上記の併用禁忌となる相互作用の主なメカニズムはどれか。
1つ選べ。

1 キレート形成
2 代謝酵素の阻害
3 トランスポーターの誘導
4 尿 pH の変化
5 受容体での拮抗



問272の解説と重複しますが、チザニジンが、フルボキサミンやシプロフロキサシンとの
併用が禁忌である理由は、CYP1A2の阻害によるものと考えられています。

よって、正解は 2 です。