問98-278 解説


問278

75歳男性。血糖コントロール不良で入院した。眼底検査のために眼科を受診したところ
眼圧上昇が認められたので、以下の薬剤が処方された。

(処方)
チモプトールXE点眼液 0.5%(注) (2.5mL/本) 1回1滴
1日1回 両眼に点眼 全1本
(注:チモロールマレイン酸塩を 0.5%含む持続性点眼液)

ベッドサイドで今回の処方に対する服薬指導を行う前に、カルテ等から調べておく患者情報として
優先度の高いのはどれか。
2つ選べ。

1 HbA1c値
2 低密度リポタンパク質コレステロール(LDL-C)値
3 気管支ぜん息の既往歴
4 高尿酸血症の既往歴
5 心疾患の既往歴



チモプトールは、β遮断作用があり、気管支喘息、又はその既往歴のある患者に禁忌です。
又、コントロール不十分な心不全などの心疾患も、症状を憎悪させるおそれがあるため
禁忌です。
よって、気管支ぜん息及び心疾患の既往歴について、優先度の高い情報として
調べておくべきであると考えられます。


正解は 3,5 です。