問98-282 解説



問282 
65歳男性。体重53kg。疼痛緩和治療を受けているがん患者である。
モルヒネの副作用としての便秘がひどくなり、処方変更がなされた。

(従来処方)
モルヒネ硫酸塩水和物徐放錠30mg 1回1錠(1日2錠)
1日2回 朝夕食後 3日分

(変更処方)
フェントステープ2mg(注) 1回1枚 (1日1枚)
1日1回 就寝前 3日分 (全3枚)

(注:フェンタニルクエン酸塩2mgを含む経皮吸収型製剤)

疼痛緩和治療に関する記述のうち、適切なのはどれか。
2つ選べ。

1 上記の処方変更は、オピオイドローテーションの一例である。
2 WHO方式3段階がん疼痛治療ラダーの第1段階では、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)か
ペンタゾシンのいずれかが用いられる。
3 フェントステープへの切り替えの際は、レスキュードーズを考慮する必要がある。
4 フェントステープ使用時には、NSAIDsなどの鎮痛補助剤の併用は避けるべきである。




オピオイドローテーションとは、投与中のオピオイドから
他のオピオイドへ変更を行うことです。
副作用を避けたり、より強い鎮痛効果を得ることが目的です。
選択肢 1 はその通りの記述です。


WHO方式ラダーの第1段階は、NSAIDs やアセトアミノフェンといった
非オピオイドを使用します。
よって、ペンタゾシンは用いられません。
選択肢 2 は誤りです。


フェントステープへの切り替えの際は
初回貼付時、患者によって十分な鎮痛効果が得られない時があります。
そこで、本剤の鎮痛効果が得られるまで、適宜オピオイド鎮痛剤の追加(レスキュー)
で鎮痛を図ります。
選択肢 3 はその通りの記述です。


痛みのコントロールのために、様々な鎮痛補助剤も用いられます。
よって、特に併用を避けるべきということはありません。
選択肢 4 は誤りです。


以上より、正解は 1,3 です。