問98-28 解説




問28

コリンエステラーゼを可逆的に阻害するのはどれか。
1つ選べ。

1 アトロピン
2 カルバコール
3 エドロホニウム
4 ブチルスコポラミン
5 プラリドキシム(PAM)



アトロピンは、抗コリン薬です。
ムスカリン受容体に結合することで、受容体を遮断する薬です。
コリンエステラーゼには作用しません。


カルバコールは、コリン作動薬の一つです。
コリンエステラーゼに分解されにくいという特徴があります。


エドロホニウムは、持続時間の短い、コリンエステラーゼ阻害薬です。
重症筋無力症の診断に使用されます。


ブチルスコポラミン(ブスコパン)は、4級アンモニウム塩である、抗コリン薬です。
4級アンモニウム化することにより、血液脳関門の透過性を低め、中枢性の副作用を軽減した薬物です。
胃腸など、内蔵のけいれん性の痛みをとるお薬です。


プラリドキシムは、コリンエステラーゼ賦活薬です。
コリンエステラーゼ阻害薬による中毒の、特異的解毒剤として用いられます。


以上より、正解は 3 です。