問98-31 解説



問31

選択的セロトニン・ノルアドレナリン再取込み阻害により
抗うつ作用を示すのはどれか。
1つ選べ。

1 パロキセチン
2 ミアンセリン
3 アモキサピン
4 トラゾドン
5 ミルナシプラン



パロキセチン(パキシル)は、SSRI(Selective Serotonin Reuptake Inhibitors)です。
SSRIとしては、他に、フルボキサミン(デプロメール、ルボックス)、セルトラリン(ジェイゾロフト)
などがあります。
セロトニンの再取り込みを選択的に阻害することにより、抗うつ作用を示します。

よく効いてくるまでに2~3週間以上かかることがあります。
又、飲み始めに吐き気がおきることがあります。この吐き気は、たいてい2週間ほどで軽くなってきます。
自己判断で服用を中止しないようによく指導する必要があります。


ミアンセリン(テトラミド)は、四環系抗うつ薬です。
四環系抗うつ薬としては、他に、マプロチリン(ルジオミール)、セチプチリン(テシプール)
などがあります。
三環系抗うつ剤と比べて、抗コリン作用が弱いことが特徴です。


アモキサピン(アモキサン)は、三環系抗うつ剤です。
三環系抗うつ剤としては、他に、イミプラミン(トフラニール)、クロミプラミン(アナフラニール)
アミトリプチリン(トリプタノール)などがあります。
抗コリン作用が強いことが特徴です。


トラゾドン(デジレル)は、非三環系抗うつ剤です。
セロトニン受容体の拮抗作用に加え、弱い取り込み阻害作用を示します。


ミルナシプラン(トレドミン)は、SNRIです。
セロトニン、ノルアドレナリンの再取り込みを阻害します。



以上より、正解は 5 です。