問98-33 解説


問33

血管平滑筋のアドレナリン α1 受容体の選択的遮断により、降圧作用を示すのはどれか。
1 つ選べ。

1 べタキソロール
2 ロサルタン
3 フェントラミン
4 プラゾシン
5 クロニジン



ベタキソロールは、β遮断薬です。
β1選択的遮断薬です。
心臓を休ませる作用があり、高血圧や狭心症などに用いられます。


ロサルタンは、ARBです。
降圧薬です。


フェントラミンは、α受容体拮抗薬です。
非選択的α遮断薬です。
褐色細胞腫の診断に用いられる薬です。

褐色細胞腫とは、副腎髄質などから発生する
カテコラミン産生腫瘍です。
腫瘍細胞において、カテコラミンが過剰産生することで、各種の症状が発症します。
代表的な症状は、高血圧です。


プラゾシンは、α遮断薬です。
α1 受容体を選択的に遮断します。
降圧薬、及び前立腺肥大による排尿障害に用いられます。


クロニジンは、α2 刺激薬です。
ノルアドレナリンの分泌を抑制することで、降圧薬として作用します。


以上より、正解は 4 です。