問98-34 解説



問34

急性膵炎の治療に用いられるタンパク質分解酵素阻害薬はどれか。1 つ選べ。

1 プロパンテリン
2 ウルソデオキシコール酸
3 フロプロピオン
4 ニザチジン
5 ナファモスタット




プロパンテリンは、抗コリン薬です。
胃腸など、内蔵のけいれん性の痛みをとるお薬です。


ウルソデオキシコール酸(ウルソ)は、胆汁の流れをよくする薬です。
又、肝臓の炎症を軽減するなどの、肝機能改善作用もあります。


フロプロピオンは、COMT阻害薬です。
COMTは、カテコラミン分解酵素です。
ノルアドレナリンの分解を防ぎ、β受容体を介して、Oddi括約筋という
十二指腸の下の方における、総胆管及び膵管の出口の筋肉を
弛緩させます。

その結果、胆汁や膵液の十二指腸への排出を促進します。
結果として、胆道や膵臓のけいれん性の痛みをとります。


ニザチジン(アシノン)は、ヒスタミン受容体拮抗薬です。
胃酸の分泌を抑えます。


ナファモスタットは、タンパク質分解酵素阻害薬です。
急性膵炎の治療に用いられます。



以上より、正解は 5 です。