問98-35 解説



問35

ペルオキシソーム増殖剤応答性受容体(PPAR)αを刺激するのはどれか。
1 つ選べ。

1 フルバスタチン
2 エゼチミブ
3 コレスチラミン
4 フェノフィブラート
5 コルヒチン




フルバスタチン(ローコール)は、スタチン、すなわちHMG-CoA還元酵素阻害剤です。
コレステロールの生合成における律速段階である、メバロン酸を合成する酵素を
阻害することにより、コレステロールの合成を抑制します。
脂質異常症に対して用いられます。

横紋筋融解症に注意が必要な薬です。
初めて飲む人には、初期症状である、筋肉痛や、赤みがかった尿がでたら、直ちに
服用を止め、受診することを伝える必要があります。


エゼチミブ(ゼチーア)は、小腸コレステロールトランスポーター(NPC1L1)阻害薬です。
主にコレステロール値を下げますが、中性脂肪の低下作用もあります。

コレスチラミンは、陰イオン交換樹脂です。
胆腸管内で、胆汁酸と結合することにより、胆汁性コレステロールの再吸収をおさえ、排出を促進します。
中性脂肪は下げません。


フェノフィブラート(リピディル)は、フィブラート系高脂血症治療薬です。
核内受容体であるPPARα(peroxisome proliferator - activated receptor)に結合することで
PPARαを活性化し、様々な作用を介して、主に中性脂肪を低下させます。


コルヒチンは、対症療法に用いられる、痛風治療薬です。
微小管タンパクである、チュブリンに結合することで、細胞分裂を抑制させます。
主に好中球に作用し、抗炎症作用を示します。



以上より、正解は 4 です。