問98-36 解説



問36

トラネキサム酸の止血作用の機序はどれか。1 つ選べ。

1 トロンビン阻害
2 アンチトロンビンⅢ阻害
3 組織因子阻害
4 第Ⅹa 因子阻害
5 プラスミン阻害




トラネキサム酸は、プラスミノーゲンや、プラスミンのリシン結合部位に結合します。
その結果、プラスミンによるフィブリン分解を阻害することで、止血作用を示します。
ちなみに、フィブリンが、止血を担う繊維状タンパク質です。
プラスミンが、フィブリンを分解する酵素です。


以上より、正解は 5 です。