問98-37 解説



問37

シクロスポリンの免疫抑制作用の機序はどれか。
1 つ選べ。

1 カルシニューリンの阻害
2 ジヒドロ葉酸還元酵素の阻害
3 ピリミジン合成経路の阻害
4 プリン合成経路の阻害
5 インターロイキン-6(IL-6)受容体の遮断



シクロスポリンは、T細胞細胞質内の FK binding protein(FKBP)に結合し
カルシニューリンの機能を阻害することで
NF-AT(Nuclear factor of activated T-cell)の核内移行を抑制することにより作用します。
NF-ATは、転写因子です。IL-2の分泌を引き起こします。

カルシニューリンの機能阻害とは
より具体的にいうと、Ca2+依存性セリン/トレオニンホスファターゼ活性の阻害です。


以上より、正解は 1 です。