問98-39 解説



問39

核酸合成を阻害し、抗真菌作用を示すのはどれか。
1 つ選べ。

1 ナイスタチン
2 フルシトシン
3 ミカファンギン
4 ミコナゾール
5 テルビナフィン




ナイスタチンは、ポリエン系抗生物質のひとつです。
細胞膜のエルゴステロールと結合し、膜に小孔を作り、殺菌的に作用します。

フルシトシンは、真菌細胞内に取り込まれた後、シトシン脱アミノ酵素により
5-FUとなり、核酸合成の阻害を介して、抗真菌作用を示します。

ミカファンギンは、キャンディン系抗生物質です。
1,3-β-D-グルカンの合成を非競合的に阻害することにより、抗真菌作用を示します。

ミコナゾールは、細胞膜構成成分であるエルゴステロールの合成阻害により
抗真菌作用を示します。

テルビナフィンは、スクアレンエポキシダーゼを選択的に阻害することで
細胞膜構成成分であるエルゴステロールの生合成を阻害し、抗真菌作用を示します。



以上より、正解は 2 です。