問98-153 解説


問153

交感神経系に作用する薬物に関する記述のうち、正しいのはどれか。
2つ選べ。

1 アテノロールは、アドレナリンα受容体を遮断し、脳血管平滑筋を弛緩させる。
2 ドブタミンは、アドレナリンα受容体を刺激し、鼻粘膜の血管を収縮させる。
3 メトキサミンは、アドレナリンα受容体を刺激し、末梢血管を収縮させる。
4 プロカテロールは、アドレナリンβ受容体を刺激し、気管支平滑筋を弛緩させる。
5 エフェドリンは、交感神経終末でのノルアドレナリンの再取り込みを促進し、気管支平滑筋を弛緩させる。





アテノロールは、β選択的遮断薬です。
α受容体を遮断するわけではないので、選択肢 1 は誤りです。


ドブタミンは、β選択的刺激薬です。
よって、α受容体を刺激するわけではないので、選択肢 2 は誤りです。


選択肢 3,4 はその通りの記述です。


エフェドリンは、混合型アドレナリン作用薬です。
受容体を刺激する上、神経伝達物質の遊離も促進します。
しかし、交感神経終末でのノルアドレナリンの再取り込みを促進は、しません。
よって、選択肢 5 は誤りです。


以上より、正解は 3,4 です。