問98-154 解説


問154

中枢性及び末梢性筋弛緩薬に関する記述のうち、正しいのはどれか。
2つ選べ。

1 ベクロニウムは、筋小胞体のリアノジン受容体を遮断する。
2 ダントロレンは、骨格筋のニコチン性アセチルコリン受容体を遮断する。
3 チザニジンは、アドレナリンα受容体を刺激し、脊髄多シナプス反射を抑制する。
4 スキサメトニウムは、血漿中のコリンエステラーゼにより加水分解を受けて活性体を生じる。
5 A型ボツリヌス毒素は、運動神経終末からのアセチルコリン遊離を抑制する。




ベクロニウムは、競合的 Nm 受容体遮断薬です。
リアノジン受容体を遮断するわけではないので、選択肢 1 は誤りです。


ダントロレンナトリウムは、筋肉の興奮-収縮連関を抑制します。
作用点は、リアノジン受容体です。
よって、骨格筋のニコチン性アセチルコリン受容体を遮断するわけではないので
選択肢 2 は誤りです。


選択肢 3 はその通りの記述です。


スキサメトニウムは、脱分極性筋弛緩薬です。
血しょうのコリンエステラーゼにより、速やかに分解されるため
作用時間が短いという特徴があります。
よって、加水分解を受けて活性体を生じるわけではないので
選択肢 4 は誤りです。


選択肢 5 はその通りの記述です。


以上より、正解は 3,5 です。