問98-155 解説


問155

催眠薬に関する記述のうち、正しいのはどれか。
2つ選べ。

1 ゾルピデムは、ベンゾジアゼピンω受容体に選択性の高い催眠薬で、筋弛緩
作用に基づく副作用は少ない。
2 ラメルテオンは、メラトニン受容体を刺激し、睡眠覚醒リズムを調節する。
3 エスタゾラムは、中枢のヒスタミンH受容体を遮断し、睡眠を導入する。
4 フェノバルビタールは、抗痙れん作用が現れる用量以下で鎮静・催眠を引き起こす。



選択肢 1,2 はその通りの記述です。


エスタゾラム(ユーロジン)は、中時間型 Bz (ベンゾジアゼピン)系催眠薬です。
GABA受容体における Bz 結合部位に結合して作用します。
よって、H1 受容体を遮断するわけではないので、選択肢 3 は誤りです。


フェノバルビタールは、抗けいれん、鎮静、催眠作用を持つ薬です。
用法・用量は
不眠症以外の場合、1日30~200 mg を1~4回に分けて経口投与
不眠症の場合は、1回30~200 mg を、就寝前に経口投与
となっています。(2013.4月時点、添付文書)

よって、抗けいれん作用が現れる用量以下で鎮静・催眠を引き起こすという記述は
適切ではありません。
選択肢 4 は誤りです。



以上より、正解は 1,2 です。