問98-156 解説


問156

抗てんかん薬に関する記述のうち、正しいのはどれか。
2つ選べ。

1 カルバマゼピンは、電位依存性 Naチャネルを遮断し、強直間代発作を抑制する。
2 バルプロ酸は、セロトニン5-HT1A 受容体を遮断し、すべての型の全般発作を抑制する。
3 プリミドンはGABA トランスアミナーゼを阻害するので、フェノバルビタールとの併用で相乗効果が期待できる。
4 クロナゼパムは、ベンゾジアゼピン受容体を遮断し、複雑部分発作を抑制する。
5 エトスクシミドは、T 型Ca2+チャネルを遮断し、欠神発作を抑制する。




選択肢 1 はその通りの記述です。


バルプロ酸(デパケン)は、GABAトランスアミナーゼを阻害することで
抗てんかん作用を示す薬です。
よって、セロトニン5-HT1A 受容体を遮断するわけではないので
選択肢 2 は誤りです。


プリミドン(マイソリン)は、GABAA 受容体のピクロトキシン結合部位に結合し
GABA 神経系の活動性を高めることで抗てんかん作用を示します。
よって、GABAトランスアミナーゼを阻害するわけではないので
選択肢 3 は誤りです。


クロナゼパム(リボトリール)は、BZ (ベンゾジアゼピン)系の薬です。
GABAA 受容体の Bz 結合部位に結合し
GABA 神経系の活動性を高めることで抗てんかん作用を示します。
よって、ベンゾジアゼピン受容体を遮断するわけではないので
選択肢 4 は誤りです。


選択肢 5 はその通りの記述です。



以上より、正解は 1,5 です。



ガジェットの仕様の URL が見つかりませんでした