問98-157 解説


問157

心不全治療薬に関する記述のうち、正しいのはどれか。
2つ選べ。

1 カルペリチドは、アデニル酸シクラーゼを活性化し、利尿作用と血管拡張作用を示す。
2 デノパミンは、アドレナリンβ受容体を刺激し、心筋収縮力を増大させる。
3 エナラプリルは、アンギオテンシンAT受容体を遮断し、心負荷を軽減させる。
4 オルプリノンは、グアニル酸シクラーゼを直接活性化し、心筋収縮力を増大させる。
5 ピモベンダンは、トロポニンのCa2+感受性を上昇させ、心筋収縮力を増大させる。



カルペリチドは、心房性ナトリウム利尿ペプチド(ANP:atrial natriuretic peptide)製剤です。
血管及び腎臓における ANP 受容体に作用して、膜結合型グアニル酸シクラーゼを活性化します。
その結果、細胞内 cGMP が増加し、血管拡張、利尿作用が引き起こされます。

よって、選択肢 1 は誤りです。


選択肢 2 はその通りの記述です。


エナラプリルは、ACE阻害薬です。
アンギオテンシン AT1 受容体を遮断するわけではないので
選択肢 3 は誤りです。


オルプリノンは、ホスホジエステラーゼ III 阻害薬です。
心筋と血管平滑筋のホスホジエステラーゼ III を選択的に阻害し
細胞内 cAMP を増加させることで、心筋収縮力を増加させると共に
血管拡張を行い、後負荷を軽減させます。
よって、グアニル酸シクラーゼを直接活性化するわけではないので
選択肢 4 は誤りです。


以上より、正解は 2,5 です。