問98-160 解説


問160

呼吸興奮薬の作用機序に関する記述のうち、正しいのはどれか。
2つ選べ。

1 アセタゾラミドは、炭酸脱水酵素を抑制することで代謝性アルカローシスを起こし
呼吸中枢を刺激する。
2 ジモルホラミンは、延髄の呼吸中枢に直接作用し、呼吸興奮を起こす。
3 フルマゼニルは、ベンゾジアゼピン受容体に結合し、ベンゾジアゼピン系薬による呼吸抑制を改善する。
4 ドキサプラムは、オピオイドμ受容体を遮断し、モルヒネによる呼吸抑制を改善する。



アセタゾラミドは、炭酸脱水酵素を抑制することで
代謝性アシドーシスを引き起こし、呼吸中枢を刺激します。
アルカローシスではないので、選択肢 1 は誤りです。


選択肢 2,3 はその通りの記述です。


ドキサプラムは、末梢の化学受容器を刺激して
呼吸中枢に選択的に作用する呼吸興奮薬です。
よって、μ受容体を遮断するわけではありません。
選択肢 4 は誤りです。



正解は 2,3 です。