問98-161 解説


問161

抗アレルギー薬の薬物名及び主たる作用機序の組合せのうち、正しいのはどれか。
2つ選べ。


    薬物名          作用機序
1 オザグレル      トロンボキサン合成酵素阻害
2 ザフィルルカスト   トロンボキサンA受容体遮断 
3 スプラタスト      IgE 抗体産生抑制
4 ラマトロバン      ヒスタミンH受容体遮断
5 オロパタジン     ロイコトリエン受容体遮断



選択肢 1 はその通りの組み合わせです。


ザフィルルカストは、LTD/LTE4 受容体へと特異的に結合する
ロイコトリエン拮抗薬です。
よって、トロンボキサンA2 受容体遮断ではありません。
選択肢 2 は誤りです。


選択肢 3 はその通りの記述です。


ラマトロバンは、トロンボキサンA2 受容体拮抗薬です。
又、PG(プロスタグランジン)D2 受容体拮抗薬でもあります。
よって、ヒスタミンH1 受容体遮断ではありません。
選択肢 4 は誤りです。


オロパタジン(アレロック)は、抗ヒスタミン薬です。
H1 受容体拮抗薬です。
よって、ロイコトリエン受容体遮断ではありません。
選択肢 5 は誤りです。


以上より、正解は 1,3 です。