問98-164 解説


問164

骨粗しょう症治療薬に関する記述のうち、正しいのはどれか。
2つ選べ。

1 アレンドロン酸は、ヒドロキシアパタイトに結合し、骨芽細胞の機能を亢進する。
2 イプリフラボンは、副甲状腺ホルモン受容体を遮断し、骨形成を促進する。
3 エルカトニンは、カルシトニンの分泌を促進し、骨粗しょう症の疼痛を緩和する。
4 カルシトリオールは、活性型ビタミンD3 製剤で、Ca2+の腸管からの吸収及び腎臓での再吸収を促進する。
5 ラロキシフェンは、エストロゲン受容体を刺激し、骨吸収を抑制する。





アレンドロン酸(ボナロン)は、骨のハイドロキシアパタイトに強い親和性を持ち
破骨細胞の活性を抑制することにより、骨吸収を減少させる薬です。
よって、骨芽細胞の機能を亢進するわけではありません。

選択肢 1 は誤りです。


イプリフラボンは、骨に直接作用して、骨吸収を抑制するとともに
エストロゲンのカルシトニン分泌促進作用を増強することで
骨吸収を抑制します。
よって、骨形成を促進するわけではありません。

選択肢 2 は誤りです。


エルカトニンは、カルシトニンと同様の、骨吸収抑制作用を示します。
カルシトニンの分泌を促進するわけではありません。

よって、選択肢 3 は誤りです。


選択肢 4,5 はその通りの記述です。



以上より、正解は 4,5 です。